外出全般

カラーレンズ

カラーや濃度は、
使用用途によって変わってきます!

基本的にどのレンズにもカラーを入れる事ができます。
カラー入れる目的にはお洒落以外にも、眩しさよけなどの機能などがあります。

濃度の選び方

普段のお洒落に使用するなら、濃度は10~20%程度の薄めの物をお勧めします。
屋外で日差しよけなどに使用する場合には30%以上がお勧めです。
また、濃度が25%以上のレンズの場合、夜間や薄暗い場所での視力低下の危険がありますので、夜間の運転には適しておりません。

肌の上に載せてみると、レンズの色合いの印象が変わるので、店舗にて実際に試着をして色合いを確認してください。

カラーの選び方

どの色を選ぶかによってそれぞれに見え方やお勧めの用途が異なります。
それぞれの色のもつ機能を知ることでお洒落の幅も広がるのではないでしょうか。

ブラウン
肌なじみが良く、眩しさの原因になる青色光を抑えコントラストを高めます。
緑色が明瞭に見えるようになるため、ゴルフなどの屋外でのスポーツなどにもお勧めのカラーです。

グレー
光を均一にカットするため、色味を変えずに自然に光を抑えることができます。
日中のドライブなどにはお勧めのカラーです。

グリーン
コントラストを下げすぎず、自然な見え方です。
肌の赤みやくすみを目立たなくしてくれるます。
シミやシワなどのカバーにも役立つカラーです。

ブルー
黄色やオレンジ系の色をカットするので昼間の強い日差しを抑えてくれます。
目元を涼しげに見せる効果があります。

イエロー・オレンジ系
曇りや雨の日、夕方など視界が悪いときコントラストがはっきりして視界が明るくなります。

詳しくは店頭でご相談ください

店舗のご案内

商品紹介

カラーレンズ

カラーレンズ

加算料金
+3,000 円(税込)

度付きサングラスになります。薄い色、またはグラデーションにすれば普段のおしゃれメガネにもなります。眩しさが気になる方。レンズに色をいれて楽しみたい方にお勧めします。15色、10%~75%の濃度まで、フルカラー、グラデーション。店頭でお確かめください。

関連コラム