コラム/眼の老化について

老眼って

老眼って

"老眼"いやな言葉です。別の読み方をすると"老いた眼"です。

老眼になる理由

ある日、新聞や本などの小さい文字が見にくいことに気がつき『あ〜、自分も老眼がきたか』と思います。
人はなぜ老眼になるのでしょう?
眼球(いわゆる眼の玉)の中には水晶体というレンズの役割をする部分があります。
この水晶体は筋肉に上下から引っ張られています。
遠くを見ようとするとこの筋肉が水晶体を引っ張ります。引っ張られた水晶体は薄くなります。

薄くなる事で遠くにピントが合います。
そして近くを見ようとすると水晶体を引っ張っている筋肉はゆるみ水晶体は膨らみます。
この状態で近くにピントが合います。

若い頃はこの水晶体がやわらかくて自由に膨らませたり、薄くしたりしてレンズを無段階に調節することができたので遠くから近くまでよく見えるのです。

ところが40歳を過ぎる頃からこの水晶体が硬くなりはじめます。弾力も失われてしまいます。するとどうなるでしょう?
いくら筋肉を緩めても水晶体は硬くなり若い頃のようには膨らみません。

“水晶体が膨らまない”つまり近くにピントが合わない、これが老眼です。

さらに遠視の人(若い頃から眼鏡とは無縁の人)は常にこの水晶体を引っ張る、ゆるめるを無意識に繰り返していますので眼がとても疲れます。

老眼は、目の病気ではありませんので、治療する事や目薬で回復することは、ありません。

いかに、自分の目にあった眼鏡をかけるかが重要です。眼鏡は見えれば良い、今の眼鏡で見えるから良い?
いいえ違います。遠視、近視、乱視、斜位・斜視、プリズムに、老眼と人それぞれです。
用途も、運転や運転免許更新、ゴルフなど遠くが見やすい眼鏡、パソコン、iPhoneやiPad、テレビにデスクワークなど、近くが見やすい眼鏡など、多種多様です。

遠くが見やすい眼鏡には、全焦点プレミアムUV420がお勧めです。
運転をしていてカーナビが見づらい、今まで遠近両用(眼鏡)が掛けられない、初めての遠近両用の方などに最適です。

近くが見やすい眼鏡には、生活眼鏡UV420がお勧めです。
老眼鏡だと近くは見えるが部屋の中や少し離れたところが見づらい、新聞をみながらテレビが見たい方、資料を見ながらパソコン、スマホも見たい方などに最適です。

近頃、忘れてはならないのが、紫外線とブルーライトです。白内障の主な原因の一つとして紫外線と言われています。
又ブルーライトは、スマホやタブレット、パソコン、液晶テレビ、照明のLEDなどから多く発せられていて加齢黄斑変性の原因の一つと言われてます。

この予防や悪化させない為にはUV420がお勧めです。

目的や目に合った眼鏡を掛ける事で眼病の予防や進行を遅らせ、
眼精疲労や体への負担を軽減し健康を保つために
わたくしども大學眼鏡研究所では、お客さまのライフスタイルに合わせ、スタッフが検査した結果をもとに最適な眼鏡をご提案させていただいております。

おすすめレンズ

ハイテク生活メガネ
UV420

標準フレーム一式
35,000 円(税込)

スーパーコートプラスにUV420を加えたメガネです。PCやスマホから出るブルーライトを80%、紫外線を100%カットし、白内障や黄斑変性症から眼を防いでくれます。

全焦点プレミアム
UV420

標準フレーム一式
45,000 円(税込)

全焦点プレミアムにUV420を加えたメガネです。PC,スマホ以外に太陽光線からも目に有害な紫外線や青色光(ブルーライト)をカットし目を守ってくれます。UV420についてはこちらのページをご参照ください。

詳しくは店頭でご相談ください

店舗のご案内

関連コラム