コラム/眼の老化について

遠視って、眼が"良い"って事?

遠視って、眼が良いって事?

40歳過ぎくらいから老眼鏡をかけ始める方はほとんどが
『若い頃は遠くまですごくよく見えて友達にも羨ましがられた』などと言う方です。

遠視に関する誤解

しかし、その言葉の後には必ず『でも、最近は眼が疲れて、疲れて』と続きます。
遠視は眼が”良い”訳ではありません。
遠視は遠くが良く「見える」のではなく「見えてしまう」のです。

しかも、自分の意思とは関係ないので遠くを見れば眼が勝手に遠くにピントを合わせ、近くを見れば近くにピントを合わせ……そんなことを1日何万回も繰り返しています。
だから眼が疲れるのは当然です。

遠視と老眼

若い頃、遠くがよく見えた人ほど老眼は早い年齢から自覚します。
眼の疲れも近視の人に比べて著しく多くなります。
近視の人は遠くにはピント合わせをしたくてもできないので眼の疲れも遠視の人に比べると軽いと言えます。

若い頃は『遠くが見えた』は決して眼が良いわけではありません。

ちなみに、近視は『眼が悪い』わけではありません。
近視の人は確かに遠くは見えませんが眼鏡をかければ見えます。
「遠くが見えない」ではなく、「遠くにピントが合わない」だけです。

逆に言いますと眼鏡をかけても遠くや近くが見えない場合【視力が出ない】ことになります。
これは年齢にもよりますが眼に何らかの障害がある可能性があります。

おすすめレンズ

ハイテク生活メガネ
UV420

標準フレーム一式
35,000 円(税込)

スーパーコートプラスにUV420を加えたメガネです。PCやスマホから出るブルーライトを80%、紫外線を100%カットし、白内障や黄斑変性症から眼を防いでくれます。

全焦点プレミアム
UV420

標準フレーム一式
45,000 円(税込)

全焦点プレミアムにUV420を加えたメガネです。PC,スマホ以外に太陽光線からも目に有害な紫外線や青色光(ブルーライト)をカットし目を守ってくれます。UV420についてはこちらのページをご参照ください。

詳しくは店頭でご相談ください

店舗のご案内

関連コラム