コラム/目について

乱視について

『乱視があるんです。』
お客様からよく言われます。

乱視とは

乱視は角膜(眼の表面)のカーブにより決まります。
“乱視が全くない”ということは角膜のカーブが縦方向、横方向ともに完全な球体であるということです。
しかし、人間はロボットではありませんので完全な球体なんてありません。

つまりある程度の乱視は誰にでもあるものです。問題はその乱視を矯正する必要があるか、ないかです。

乱視矯正をするべきかどうか

一般的には遠用(遠く用)の眼鏡の方が乱視矯正することが多いですが、前記の通り『人類みな乱視』ですから多少の乱視は矯正する必要はありません。
また、乱視を過剰に矯正すると装用感は悪くなります。

【かけるのがいやになってしまう眼鏡】になってしまいます。
近用(老眼鏡)に関しても同じですが近用は乱視矯正はあまり必要ありません。
近くを見る眼鏡に乱視を入れると逆に見にくくなる場合もあります。
乱視があるから眼鏡にも乱視を…と思うのはちょっと早とちりかも。

おすすめレンズ

ハイテク生活メガネ
UV420

標準フレーム一式
35,000 円(税込)

スーパーコートプラスにUV420を加えたメガネです。PCやスマホから出るブルーライトを80%、紫外線を100%カットし、白内障や黄斑変性症から眼を防いでくれます。

全焦点プレミアム
UV420

標準フレーム一式
45,000 円(税込)

全焦点プレミアムにUV420を加えたメガネです。PC,スマホ以外に太陽光線からも目に有害な紫外線や青色光(ブルーライト)をカットし目を守ってくれます。UV420についてはこちらのページをご参照ください。

詳しくは店頭でご相談ください

店舗のご案内

関連コラム