コラム/目について

学童の屈折異常について

学童の屈折異常について

このホームページをご覧になる方は年配の方が多く、あまり学童(小学生)のお子さんがいるということは少ないと思います。

子供の視力について

しかし、お孫さんが小学生だという方は多いと思いますのでちょっと読んでみてください。
眼鏡をかけている小学生って結構少ないと思います。
しかし眼鏡が本当に必要な子供はもっといるのではないでしょうか。
お子さん(お孫さん)の普段の生活を少し観察してみてください。
遠くを見るときに目を細めて見ていませんか?もしそうなら近視の疑いがあります。
学校の勉強は遠くの黒板を見て、手元の教科書を見てノートをとるという作業です。
ここで黒板が見えないとどうでしょう。
勉強がわからなくなり、わからないから嫌いになる……。逆に遠視の場合、黒板はよく見えますが本などを長時間読んでいると目がとても疲れてきます。

勉強における視力の重要性

やはり勉強ははかどりません。
ここで問題なのは子供の場合、自分の見え方が正常か異常かの区別がつかないことです。
ですから家族がしっかり見てあげないといけません。

『学校の視力検査で見えたから大丈夫』という考えは禁物です。
特に強度の遠視や乱視を放置しておくと素行不良の原因にもなると言われていることはあまり知られていません。
子供なのに眼鏡をかけるとどんどん目が悪くなると思っている方も多いと思いますが、これは全く間違いです。

学童の近視は成長とともに進行するのが普通ですので、大人に比べ眼鏡の作り変えも多くなります。
そのために、『眼鏡をかけると眼が悪くなる』という誤解が生まれたのでしょう。
もし眼鏡店へ行く機会がありましたらお子さんと一緒に行き、視力の検査をしてもらうのも良いと思います。

子供用のメガネ作る際の注意点

但し、一つだけ注意しなければいけない事があります。
就学前(小学校以下)のお子さんはあくまでも視力検査のみにするべきです。検眼は眼鏡店ではできません。

なぜなら調節麻酔などが使用できないため、正確な検眼ができないからです。

就学前のお子さんのメガネは必ず病院で検査してから処方箋によって作らなければなりません。
また、就学前児童の場合、よく見えるメガネを作るとは限りません。
場合によっては見にくくするメガネを作る場合もあります。
これはよく見えるメガネと健全な発育を促すメガネは違うということです。

小さなお子さんにメガネをかけさせる場合は医師とよく相談することがとても重要です。

おすすめレンズ

ハイテク生活メガネ
UV420

標準フレーム一式
35,000 円(税込)

スーパーコートプラスにUV420を加えたメガネです。PCやスマホから出るブルーライトを80%、紫外線を100%カットし、白内障や黄斑変性症から眼を防いでくれます。

全焦点プレミアム
UV420

標準フレーム一式
45,000 円(税込)

全焦点プレミアムにUV420を加えたメガネです。PC,スマホ以外に太陽光線からも目に有害な紫外線や青色光(ブルーライト)をカットし目を守ってくれます。UV420についてはこちらのページをご参照ください。

詳しくは店頭でご相談ください

店舗のご案内

関連コラム